確定申告とは

確定申告とは

確定申告とは毎年の所得「1月1日〜12月31日」の所得を税務署に申告して所得税を収めるための申告のことです。毎年2月16日から3月15日までの間に前年1年間の所得を申告します。

 

 

 

個人の所得状態の内容によっては確定申告をすることで、予定納税していた所得税が納め過ぎの場合は還付を請求することも出来ますので税金が戻って来る事もあります。

 

 

 

◆どのような場合に確定申告が必要になるのですか?

 

*1箇所の勤務先からの給与所得の方は年末調整で所得税の精算をしますので確定申告する必要は有りません。
*給与を2箇所以上から受けっていて、給与や退職金以外の収入が年間で20万円を超える方は確定申告の必要があります。
*給与の収入が年間2000万円を超える方も確定申告が必要になります。
*給与や年金所得以外に不動産の売却や株式などの収入が有った時には確定申告が必要になります。

 

 

 

◆年末調整との違いは?

 

*年末調整は毎年の年末近くになりますと申告時期になりますが、確定申告は翌年の2月16日〜3月15日に間に申告します。

 

 

 

年末調整は、給与所得者に対して1年間の給与所得を調整するためのものです。本来、所得税に対しては確定申告で行なうのが原則ですが、公務員やサラリーマンの場合は毎月の給与から源泉所得税が天引きで徴収されています。

 

 

 

この年末調整で扶養家族の申告や生命保険控除の申請が出来ますし医療に使った費用についいても申告する事で控除対象になります。