主婦の扶養内

主婦の扶養内

主婦の扶養内の仕事として常に103万の壁ということはいわれていました。つまり仕事をするのでも、年間103万円を超えることがなければ税金も払わず、その上扶養内も外れることなく、配偶者として世帯主とあわせて一番税制の優遇措置が得られるということです。

 

 

 

でもパートにでても週3回でも勤めていれ年間100万前後なんて割に稼いでしまうものではないでしょうか。ですから専業主婦としての控除をうけつつアルバイトをするのは結構難しいです。子供の手が離れたし、これからは私もしっかり稼がないといけない、ということで仕事を始める場合は、このラインを超えた方が得なのかそれともどんどん稼いでしまったほうがいいのか悩むところですね。

 

 

 

そしてもし配偶者が勤め人ではなくて自営業の場合、基礎控除の38万円のみの適用になりますので103万円まで大丈夫とは思わないでくださいね。そして主婦の扶養内ではなく、またパートでもなくフルタイムで働いた場合や、フリーランスでなにかを始めた場合などの場合はどうなるかをきちんと考えましょう。

 

 

 

何かをしていないと、働いていないと気がすまないという活動派の人を除いて、働くのはその収入のことを考えるからでしょう。そしてそのように考えていくともしあなたが稼ぐことで不利益がでないように計算し手おくことが必要です。

 

また社会保険でいう扶養も、年収130万円を超えてしまうと配偶者の被扶養者からはずれてしまうので、年金、健康保険を自分で払うことになります。

 

 

 

この2点を主婦の方はよく考えてから仕事を始めたほうがよさそうです。配偶者特別控除のことも合わせて計算してみてください。