株取引での収入

株取引での収入

株式に投資して収入を得ることができます。株式の場合は配当金などのインカムゲイン、また株が上がったり下がったりする差額ででてくるキャピタルゲインがあります。

 

 

 

こちらも譲渡額で20万以下の場合は基本的に申告義務はないのですが、もしそれ以上の利益を得た方は申告する義務があるのです。

 

 

 

そしていまは株式の口座も特定口座と一般口座があり、特定口座のほうは源泉徴収あり、そして源泉徴収なしがあります。どこが違うかというと、利用する口座により税金の納めかたが違います。特定口座の源泉ありのほうは取引のすべてを証券会社が年間取引報告書をつくり、自動的に天引きしてくれます。

 

 

 

源泉のない場合はもちろん自分で確定申告をしないといけません。また一般口座で取引をしている場合は、売却収入から取得原価を差し引いてそこから売却手数料をまた引いて売却損益を計算します。そしてもし万が一株取引で損がでたときも問題ありません。

 

 

 

今回の損を通算3年繰り越すことができて、もし3年以内に利益がでたら、そこから相殺することができるのです。ですから株で大損した、といっても次に勝てばいい、と頑張る気持ちになるのも税金の面から考えても分かるような気がします。

 

 

 

最近は相場が荒れ模様ですので一攫千金、デイトレードでかなり儲けを出している人もいるのでは。もちろん損をしても次に取り返しましょう。

 

儲ければ税金、損をしても儲けた分から差引ですから悪くない取引です。相殺制度、覚えておいて損はなさそうです。