自営業の確定申告

自営業の確定申告

自営業者には2つの確定申告の方法があります。一つは白色申告、もう一つは青色申告です。両方ともいいところがあるので、簡単にさらっておくと白色申告は、帳簿などを付ける必要がないので、簡素な申告になり、普段の取引の詳細を記載して置く必要がありません。

 

 

 

収入がすくない場合にはおすすめです。その点青色申告は、毎日の取引を帳簿に付ける義務と、また所轄の税務署に青色申告をします、という報告をする義務が生じるのですが、その分所得控除が65万円程得ることができるのです。

 

 

 

これは非常に大きいですね。節税を考えるならぜひ青色申告の方をおすすめします。税理士さんに普段の会計処理を頼んだとしても、その報酬以上の見返りがあるし、その上税理士への報酬は経費計上できるので、ある程度軌道にのっていて収入が多いならば、青色申告をするほうがいいかもしれません。

 

 

 

そうしたことも税理士さんに相談すれば、どちらが向いているかを教えてくれますし、あせらなくても仕事が軌道に乗り始め手節税の必要がでてきたのなら青色申告に切り替えればよいのです。自営業者の確定申告にはこの2通りがあるので、税理士に頼まないまでも、会計ソフトで簡単に収支決算ができるよ、という人は自分で出来る程度で簡単です。

 

 

 

伝票などをためこまないで月次決算などをこまめにやれば、確定申告時に問題なく申告書を提出できるはずです。

 

 

 

申告用紙の記入方法もすこし複雑になる程度で慣れれば簡単です。