医療費控除とレシート

医療費控除とレシート

年間で一定以上の医療費を支払った場合には、所得税などから控除をすることができます。これを医療費控除と呼びます。

 

 

 

もし医療費控除を申告する場合には、レシートなどを保管して、実際に医療費を支払いましたという証拠を残しておく必要があります。しかしレシートをもらった場合には、きちんとチェックをしておかないといけません。

 

 

 

医療費控除の対象になるのは、治療費と治療をするために必要と思われる薬剤の代金についてのみです。ですから例えば、ビタミン剤などは、病気の予防をするための健康食品と解釈をされ、医療費控除の適用外になります。
大阪で探偵事務所をお探しなら→http://reload-24.com/
 

 

つまりレシートに詳しい薬品名の記載がないと、税務署の方で、これは栄養剤なのではないかと疑われてしまう可能性もあります。ですから、レシートを見て、もしもあいまいな名前になっているようであれば、薬品名を具体的に記載をしておくなどの処置をしておいた方がいいでしょう。

 

 

 

またほかにもいろいろな商品を購入したという場合には、薬剤のところをマーカーで引っ張るという方法もあります。