公認会計士の独占業務

公認会計士の独占業務

公認会計士という資格があります。公認会計士の資格を得ると、独占的に行うことができる業務を担当することができます。それは、財務書類の監査と証明についての業務です。

 

 

 

会社では財務に関する書類を公表することになっています。この公表する予定の財務関係の書類を会計士は適正であるかどうかのチェック機能を担うことになります。もし適正であれば、独立をした第3者的な立場から、この財務書類は適正であるというお墨付きを与えたことになります。

 

 

 

この業務を独占業務としているのは、財務についてのより高度で、専門性の高い知識を有している必要があるからです。ですから、国家資格を有している会計士のみが、チェックをすることができるという風に規定をしているわけです。