アルバイトの申告

アルバイトの申告

アルバイトだから確定申告なんていらないよね、だってこんなの大した収入でもないし、と思っているとあとで大変なことになるかもしれません。

 

 

 

他に給与収入がある場合は確定申告のときにそのアルバイト代も一緒に申告するでしょう。実際にアルバイトしかしていない人ではその就業先で年末調整をしてくれることがありますが、年収103万を超えると所得税が発生していますし、その上源泉されている金額で余分に税金を払っている部分は還付されますので、できれば申告をしたほうが得になります。控除される額が多いですから、面倒がらないでしっかり申告しましょう。

 

 

 

そしてアルバイトの金額は103万円以下ですと、扶養家族からはずれず、また税金を納める必要はありません。でも例えば103万から130万円以下ですと扶養家族からはずれ、でも税金は払わなくてもいいです。でも年間所得が130万円を超えるとすでにこれは扶養家族からはずれ、そして税金も払う必要があります。

 

 

 

ほかに年金や社会保険などの支払いで控除できる額はあっても、できれば103万円は超えないようにというのがアルバイトさんやパートさんの間では常識でした。

 

 

 

これ以上稼ぐならばりばり稼いでしまった方が得になります。扶養内でおさめるにはそれなりに仕事を上手くコントロールする必要があるのではないでしょうか。

 

 

 

基礎控除38万のほかに、勤労学生控除27万、給与所得控除65万がつかえます。学生、主婦の方はよく考えて働いた方がよさそうですね。