フルに活用したい控除

フルに活用したい控除

どうにか税金の金額を抑えることができないのか、と考える人は少なくありません。
特に確定申告の時にはリアルな数字を目にするのでこう考えても不思議ではありません。
そのような場合に注目したいのが控除をしっかり申請しているのかということかもしれません。

 

例えば医療費控除はどうでしょうか。突然ケガをしたり、病気になったりして治療費や薬代がかかることはよくありますね。
医療費控除はもし1年間の医療費が10万円を超える時に適用になるものです。
さらに年収が200万円を下回っている時にはその5%を医療費に費やしている時にも控除を受けられます。

 

病院だけではなく、ドラッグストアで買った薬ももちろん対象ですのでしっかりとレシートなどを取っておくことにしましょう。
パートナーができたときには配偶者控除も考えてみたいものです。
これは配偶者の所得が38万円以下か、給与所得が103万円以下の時にうけられる控除です。

 

この適用を受けると38万円が配偶者の所得から控除されることになります。しかし更なる条件もそれには存在します。
例えばその一つは「生計を一つにしている」ことです。もし内縁のように籍を入れていなく、同棲しているだけのカップルの場合は申し込めませんので注意してください。
このような控除の情報は当然ながらネットや税務署でも確認することができます。

 

きちんと計算してみるとこのような制度から恩恵を受けられる人は意外にも多いでしょうから、先入観を持たずにまずは調べてみることをおススメします。