相続税と土地

相続税と土地

相続税の問題でやっかいになるものとして、土地の問題があります。もし土地を所有している人がなくなって、土地を譲り受けた場合には、相続税の対象になってしまいます。しかし土地というのは、なかなか換金することができませんし、けっこうな課税額になってしまうこともしばしばです。

 

 

 

そこで土地の税金を節税する方法を考える必要があります。もし税金を少しでも安くしたいのであれば、その土地を有効に活用をすることです。例えば、賃貸住宅などを建設します。そして住民に部屋を貸していきます。

 

 

 

するとまず賃貸住宅を建てたときの経費は、税金の対象外となります。しかも家賃収入を得ることができますから、今まで以上の収入にも期待を持つことができるわけです。