確定申告の方法

確定申告の方法

確定申告を行なうための幾つかの方法があります。自分で確定申告を行なうには毎年2月16日頃から各自治体や税務署などに確定申告のための特設コーナーが設けられます。

 

 

 

自分の前年度の1年度分の収入を証明する源泉徴収票や生命保険度の控除証明などの資料を持参して担当者に指導してもらいながら記入することをお勧めします。

 

 

 

解らないことがあれば質問すれば親切に教えてくれますので申告書に記入できます。また、電子申告も出来ますので確定申告特集を検索して画面の案内に従って記入していけば税額も自動的に計算されます。

 

 

 

税務署の特設コーナーでもパソコンを使って電子申告できるようになっています。給与所得以外に個人事業を経営している方は青色申告決算書も作成できます。

 

 

 

しかし、個人の事業でも売上規模が大きい場合は、多少の費用がかかりますが会計事務所に依頼したほうが時間も労力も節約できます。会計事務所に依頼する場合は税務署や税務事務所などへの申告提出も代理にやってくれます。

 

 

 

自分で作成した場合は、直接税務署に持参するか郵便で税務署に送付することで受け付けてくれます。この場合の「受付日」は郵便の消印の日で受け付けてくれます。電子申告の場合は、事前にe-Tax(電子申告)で利用開始手続きを済ませてからメールで申告出来ます。

 

最近は殆どの会計事務所は依頼された確定申告を電子申告で行なっています。